飼うことができるペットの種類を確認する

ペット可物件を選ぶ際、まず最初に確認しておきたいのが飼ってもよいペットの種類です。小鳥や両生類、そして犬猫などペットとして飼うことができる動物の種類は様々となっています。ペット可としている物件でも、特定の動物のみ可能、という条件になっていることが少なくありません。一般的なペット可物件では、室内で飼うことができる犬や猫、または小動物のみ可となっていることが多い傾向です。物件によっては猫のみ、小型犬のみといった条件になっている場合もあります。珍しい動物や特殊なペットを飼いたい場合は、不動産会社などに事前に相談をして、物件の紹介を受けたほうが良いでしょう。

ペット可物件の契約にかかる初期費用

物件を契約する際には、敷金や礼金といった初期費用が発生します。ペットを飼う場合、敷金が増額となる場合が多くありますので、事前に確認しておくことが大切です。ペットを飼っていると、壁紙や床材などに傷みが生じやすくなります。このためペットを飼育する場合のみ敷金を増額する、といった対処が行われているのです。

退去時のトラブルを避けるために

賃貸物件から退去する際には、原状回復を行う必要があります。ペットの飼育を行う場合は、契約時に原状回復の範囲をしっかりとチェックしておくと良いでしょう。一般的な原状回復義務の範囲は、賃借人が故意に汚したり過失によって物件にダメージを与えた場合などに限定されています。経年劣化によって生じたダメージや汚れについては、負担する必要がないのです。しかしペット可物件の場合、特約事項としてペットによる汚れや傷も賃借人が原状回復義務を負う、と決められている場合があります。退去時にトラブルにならないよう、こうした点をよく把握した上で物件選びを進めましょう。

旭川の賃貸は周囲に緑が多く公園もありますので、特に子育て中の世帯にはおススメのエリアです。道路も都市部と比べると混雑しないので、移動もスムーズです。