その業者で本当に大丈夫?満足のいく業者を選ぼう

憧れのマイホームを建てる際には、土地選びの他に業者選びも大切です。注文住宅といっても、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、どこに依頼するかで、家の素材などの選択肢から予算などにも大きな違いが生まれます。また、「予算内に収まったけれど、手抜きに感じる部分が多くあった」「担当者の言うことを鵜呑みにしてしまい、不要な設備を付けてしまった」など、後悔してしまう人も少なくありません。最初から一つの業者に絞るのではなく、複数の業者に見積もりを依頼して、細かな部分まで把握しておくと良いでしょう。自分たちの理想の家が具体的にどんなものなのかをしっかりとイメージしておくことも重要です。

間取りはとっても大事!時間をかけてじっくり考えよう

快適な生活を送る上で、間取りはとっても大事なポイントです。「担当者のペースに乗せられて、間取りについて十分に考える時間を取れなかった」「もっと自分たちの意見を反映させれば良かった」と後悔してしまう人も少なくありません。特に、部屋の広さや部屋数について後悔する人は多くいます。モデルハウスのイメージでいたら思っていたよりも部屋が小さく感じたり、部屋をたくさん作ったら結局使わずじまいで倉庫と化してしまう、なんてこともあるのです。

収納スペースは後悔しがち、動線も考えて充実させよう

部屋の広さなどとあわせて、収納不足も後悔しがちなポイントです。部屋を広く取ったのは良いけれど、収納スペースが足らずに結局家具を設置して部屋が狭くなってしまったなんてこともあります。また、洗濯機の場所からバルコニーまでが遠かったり、バルコニーから家族の衣類を収納する場所が遠かったりすると、家事が苦痛に感じてしまうこともあります。家事動線を意識して間取りや収納スペースについて考えると良いでしょう。

東京の注文住宅に関しては、狭い土地を有効利用して部屋数を増やすといった都心ならではの工夫を凝らした注文住宅が多くみられます。