必要以上に高スペックを求めすぎないこと

注文住宅は、人生のなかでも一、二を争う高額の買い物ですが、それだけに資金計画は慎重に立てたいところです。もっとも、理想を追求するあまりについつい一段上のスペックを求めたくなるのも人情であり、いかにそういった願望をコントロールするかが出費を抑えるためには重要な要素となります。特に住宅設備については、油断していると高いものを選びがちですので、注意が必要です。例えば、多くの人が憧れる食器洗い乾燥機やガスオーブンなどは、比較的手ごろなものでも数十万円するのが通常です。せっかく導入したけれども、実際に住み始めてみたら全然使わなかったというもったいないことにならないように、そういった設備を入れる場合には必要性をしっかりとチェックするようにしたほうがよいでしょう。

外溝には意外にお金がかかる

注文住宅を建てる際に陥りがちな失敗として、建物部分にお金をかけすぎて、外溝の予算が足りなくなってしまうということがあります。せっかく建物が立派であっても、外溝がみすぼらしい場合には、外から見た家の印象は非常に残念なものになってしまうおそれがあるため、そのようなことにならないように資金計画を立てる際には外溝にも十分な金額を見込んでおくようにしましょう。なお、外溝については、すべてをハウスメーカーにやってもらう必要はありません。専用の外溝業者に依頼することでコストを削減することも可能ですので、必要に応じてそういった方法も検討してみるとよいでしょう。

注文住宅とは、自分で設計とデザインをして作る家のことです。福岡の注文住宅を希望する場合には、福岡に支社、本社を持っているホームメーカーや工務店から、特徴を調べて注文することが必要です。