失敗しない賃貸住宅の選び方

賃貸住宅で失敗しないために重要なのは、まず始めに条件の優先順位を決めておくことです。家賃の安さを最も重要視するのか、立地条件を第一優先にするのかなど、大切にする条件に順番を付けておきましょう。これを予め考えておくことで、複数の優良物件が出てきた時に選びやすくなります。また、自分自身の収入に合わせて、家賃の限度額を把握することも大切なポイントです。例えば手取りの収入が月20万円の人が、10万円以上の家賃の賃貸物件に住むことになった場合、生活費や自由に使えるお金が少なくなってしまいます。自分の収入を考慮した上で、適度な家賃の賃貸物件を選択することが大切です。

賃貸住宅でチェックすべき設備

賃貸住宅を借りる時、必ずと言って良いほど行われるのが物件の下見です。まずは条件面をチェックし、良さそうな物件が見つかったら下見をします。その上で契約するかどうかを決めるのが一般的な流れとなります。実際に賃貸住宅の下見を行う際には、チェックすべき設備がいくつかあるのですが、まず確認しておきたいのが室内の破損や汚れです。万が一破損したまま賃貸契約を結んだ場合、契約したあなた自身が壊したと思われる危険性があります。このような破損については、賃貸物件に担当者へ直すように伝えておきましょう。また、エアコンを実際に稼働させて、冷房と暖房がちゃんと作動するかどうかも見ておきましょう。カビ臭いにおいが出てくる場合は、クリーニングしてもらう必要があるかもしれません。その他、トイレや台所、お風呂の各種設備も確認することが大切です。

北見の賃貸の中には、オートロック機能がついていたり、管理人が24時間常駐しているところもあります。セキュリティが充実している賃貸は、1人暮らしの方にもおススメです。