仕事内容に適した環境であることが重要

賃貸オフィスを利用する場合、何よりも仕事に適した環境であることにこだわることが大切です。家賃が安い、駅に近いなどの理由で安易に決めがちですが、賃貸オフィスは仕事を行う場なので居心地の良さを重視する必要があります。部屋が狭かったり騒音が生じやすい物件は仕事がやりにくくなり、働く人のモチベーションが下がってしまうので良くありません。また、雑居ビルの賃貸オフィスはエレベーターや廊下などの共有スペースの使い方に注意します。他の入居者への配慮を忘れず、入居契約にある共有スペースの使用ルールを守るのが社会人のマナーと言えるでしょう。

物置や駐車場の有無も重要な選択肢

賃貸オフィスの選び方については物置や駐車場などの付随設備の有無も重要です。仕事内容によっては物品を長く保管したり頻繁に出し入れすることになるので物置が欠かせません。また、交通の便が良くない立地ではマイカー通勤が当たり前なので、そのような賃貸オフィスでは駐車場が必須と言っても過言ではありません。付随設備が無いと仕事の効率が著しく下がり、通勤方法も限定されます。付随設備がある物件は家賃が割高になりますが、働く環境が悪いと最終的には仕事が成り立たなくなるので出費を惜しんではいけません。もちろん、仕事に必要が無い設備であれば無理に物置や駐車場付きの物件を選ぶことはありません。

築年数よりも間取りが仕事の質を大きく変える

賃貸物件をオフィスとして使う場合は間取りをより重視するのが賢い選び方です。働く人の人数、オフィス家具の置き場所などを考慮してもっとも居心地の良い間取りの物件を選びます。同じ部屋数でも間取りによって採光性や通気性が変わるので、築年数よりも間取りにこだわるのが良い物件を選ぶ秘訣です。

港区で賃貸事務所を探す際には、エリア毎の特徴を把握しておきましょう。多くの企業が本社を構えるビジネス街や商業地域、駐日大使館の並ぶ高級住宅エリアや再開発地域など、雰囲気の異なるエリアが共存しています。